ゴルファーたちのそれぞれの14本 〜『チョイス』2015年新年号〜

『チョイス』2015年新春号発売!

2014121701

『Choice』最新の2015年新春号は、豪華企画が目白押し。

「さすがのクラブセッティング100実例」では、トッププロやアマチュアゴルファーのセッティングの実例を解説!

解説陣は、湯原信光プロ、武市悦宏プロ、吉田一尊プロ、クラブデザイナーの増田雄二氏とクラブに一家言ある面々。
セッティングの流れやプレーヤーの意図を詳細に解説しています。

ゴルフバッグの中の14本を選ぶのは、そのゴルファーのプレースタイルやゴルフに対する考え方もわかります。
シャフトの選択ひとつとってみても、プレーヤーの個性が出るものです。

ぜひ『チョイス』を見て、ご自身のセッティングの参考にして下さい。

今季3勝の藤田寛之プロのセッティングは?

2014121702

2014年シーズン、最後まで賞金王争いを演じた”中年の星”藤田寛之プロのセッティングはこちら。

「見ているだけで球筋が浮かぶ」(増田雄二氏)というこだわりのセッティング。
ロングアイアンの代わりに、やさしさのあるユーティリティーを選択しています。

アイアンと同じシャフトを装着している藤田プロ。
UTを”狙うクラブ”として、アイアンの流れで使おうとする意図が感じられます。

2014121703

パターは、スコッティ・キャメロン。
操作性の高いタイプを使用しています。

ツアー屈指のパット功者の藤田プロ。パチンと打つパッティングスタイルに、ソリッドな打感のキャメロンがマッチするようです。

ヒールに縦に刻印が入る”バーティカルスタンプ”は希少価値の高いツアーモデルです。

孤高のマッスルバックアイアン特集

2014121704

本誌122Pからは、懇親特集「マッスルバック物語」。
キャビティ全盛の現代でも、多くのゴルファーに愛され、また羨望されるマッスルバックアイアンに迫りました。

写真は、トゥ寄りにタングステンプラグを圧入されていたというタイガー・ウッズのマッスルバックアイアン。
重心をトゥよりにして、打点とヘッドの重心を一致させるというアイディアは、ナイキの新モデル「VAPOR」に採用されています。

内容盛りだくさんの『チョイス』2015新年号。
ぜひ、みてみてください。