チョイス道楽開発日誌

文化屋雑貨点



”雑貨”という新しい概念を打ち立た、
原宿の伝説的なお店、「文化屋雑貨店」。


1974年にオープンし、惜しまれつつ40年の区切りで
お店は一度暖簾をおろしたものの、
このたびまた暖簾が掲げられました!


その場所は、原宿から神田司町。

IMG_0866



独学で、独特・独自なやり方を貫く、


店主の長谷川義太郎さんの人柄に魅かれた人たちが


「文化屋雑貨店に置いてみたい商品」を考え、


それを実際に自分で作ったり、仕入れたりした“雑貨”を


お店持ち込んで売っているのです。





スタイリスト、デザイナー、陶芸家……あたりは分かりやすいですが、


○○家、○○主宰、○○会長……など、分かりにくい肩書の人など、


100名以上の知る人ぞ知る、知らない人は知らない、


素敵な人たちがバイヤーになっているので


「文化屋雑貨“点”」なんですね。
(誤字ではありません)


知る人ぞ知る人は誰なのか? 詳しくはこちら

http://bunkaya.wix.com/bunkayazakkaten


IMG_0872+

「『店舗』とか『流通』とか、商売の概念をくつがえされますよ」と長谷川さん。
(隣はうっかり買い物しすぎた編集部員です)




「文化屋雑貨点」では売っていませんが、
チョイス道楽にて、文化屋雑貨店 パーシモンヘッド柄ヘッドカバー発売中。
(ドライバー用4727円、FW用3910円)

IMG_13238

http://choice.shop-pro.jp/?pid=100276271

購入はこちらから。


プリントの絵柄はチョイスの愛読者でもある長谷川さんが、
85年5月号の誌面の写真をピックアップしてくれました。
パーシモンの美しさが“雑貨”に生まれ変わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。