チョイスな人

元祖2ボールパター? ゴルフギャラリー「Cami Sarma」

そういえば、年末に大掃除をしていてゴルフダイジェスト社の倉庫で懐かしいパターを見つけました。

「CamiSarma」

CamiSarmaパター

ゴルフギャラリー 故・角田武夫社長が作ったものです。

ゴルフギャラリーはかつて人気のあった「ケネス・スミス」ブランドをメインに取扱い、他方ではゴルフを楽しくしてくれる商品を多く販売していました。

ゴルフ場でのだじゃれをそのまま商品化したバンカーから1発で出せるバックフェースに女性の手をあしらったウェッジ「手の5番」などがその代表モデルです。

アイデアマンである角田社長がいかにゴルフを愛していたかわかりますね。

このパターもそんなアイデアから生まれた商品。

CamiSarmaパター2

名前の「キャミーサーマ」はもちろん「神様」にかけられています。

どうしても入れたいパットで「神様お願い!」というのと入りすぎて「神がかり的なパット」の両方を意味しています。

CamiSarmaパター3

名器のことも詳しかっただけあって。もちろん「ぺルツパター」を研究して作られており、2ボールが出る前に「ぺルツパターのボールが2つバージョン」を作っていたというわけです。

ボディはステンレス鋳造。おそらくインパクトの感じから中は空洞ですね。
で、驚いたことに当時飛距離が伸びると話題になりメタルドライバーに施されていた「WPC加工」がされており、非常に転がりがいいとされてました。

なんか見てほれぼれするようなクラブもいいですが、見て試して笑えて、心が穏やかになるようなクラブもいいですね!

このパター、今度コースで試してみよっかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。